● 活動趣旨 ●

 

 

  私たちSee-Sawは

  自分たちと世界を繋ぐ架け橋として、

  フェアトレードをツールとした

  世界情勢を発信しています。

 

 


  一般の商品がある中で、その商品自体の魅力に惚れて手に取った商品。

 

  実は、それがフェアトレードだった!

  

  「ん?フェアトレードってなんだ?そこにある問題は……?」

 

 

  住む場所が、環境が違うからといって、

  世界で起きている悲しい現実を「関係ない」の一言で

  目をそらしていていいのでしょうか。

 

  先進国にいる私たちが担うべき責任を、未来を担う学生たちに

  知らせることで世界を変えられる力に変わると信じています。

 

 

  フェアトレードは、国際問題を普段の生活とリンクさせ、

  その普段の生活の中で行えるアクションを提案するものと考えます。

 

  私たちにとってフェアトレードはあくまでも

  国際問題を発信するためのツールであり、

  購入を促進する団体ではありません。

 

 

  世界で何が起こっているのだろう。

  地球の裏側でどんなことが起きているのだろう。

 

  それらを ’ 知る ’ という一歩を踏み出すために、背中を押す。

  それがSee-Sawの仕事だと私たちは考えています。

 

  裏に隠れている ' モンダイ ' を伝えることに信念を持って活動しています。

 

 

  現在の活動や、これまでのSee-Sawの歴史などは

  Activeでご覧いただけます。